国税の種類

今回は国税調査の対象となり得る可能性のある国税の種類をご紹介しましょう。
国税とは、納税者が直接間接を問わずに納めた税金が国庫に入る税金を指します。大きく分けると「直接税」と「間接税」に分けられますが、それぞれの国税の種類をご紹介していきましょう。

~直接税(納税義務者が最終負担者と一致する税金)~
<所得税>
一年間の所得について個人に課税する国税。納税者自身が行う申告納付が原則で、所得税の申告のことを一般に「確定申告」といいます。ただし、サラリーマンなど給与所得者である個人については「源泉徴収制度」が採用されています。

<法人税>
決算事業年度を基準とする年間の法人所得について課税する国税。課税負担割合については一般企業で課税所得の30%が原則とされています。

<贈与税>
見返り無く他者から財産的価値のあるものを受領した者が、その贈与を受けたとみなされる額の一定割合を納付する国税。相続税(後ほど説明)の租税回避行為を行わせないように規定されている性格が強くあります。

<相続税>
親から子へ財産が相続される際に、相続人に課税される国税。相続税の課税負担割合は相続額(課税標準額)にもよるがMAX50%に達します。

~間接税(納税義務者が必ずしも最終負担者とならない税金)~
<消費税>
消費税課税業者が課税対象となる商品(サービス)の売買を行った場合、原則として課税売上額の4%から課税仕入額の4%を控除して国に納付する税金。この他に地方消費税が国税納付額の25%発生するため、最終消費者は国税として4%、地方税として1%の合計5%を負担しています。

※上記の消費税以外にも間接税には、酒税、たばこ税、印紙税、関税などがあります。

Posted on 5月 26th, 2009 in 種類, 国税 |

Comments are closed.